森の中の水族館。ロゴ.jpg
透明度の高い富士の湧水をつかった
淡水魚専門水族館。


menu_1.gifmenu_2.gifmenu_3.gifmenu_4.gifmenu_5.gif

ニジマス大.JPG


新展示「サツキマス」

  水族館中央の二重回遊水槽にて、「サツキマス」の常設展示を開始しました。
アマゴが海で成長した姿がサツキマスと呼ばれ、銀色の体色にアマゴの倍以上にまで成長する大きな体は、まるで別の種類に見えるほどの違いです。
二重回遊水槽の向かいにある上流水槽では、アマゴも展示されているので、見比べてみると違いが良くわかります。
数はまだ少ないですが、これから数も増えていきますので探してみて下さい。

※魚の状態により展示を中止する場合もございます
DSC_5947.JPG

ページトップへ

新展示「アユ」

  今年もアユの時期がやってきました。
外池に約1万匹のアユの群れが加わりました。
小さな時は群れを作って外敵から身を守りますが、成長すると縄張り意識が強くなり、単独生活になります。今の時期しか見れないアユの大群をお楽しみください。

※魚の状態により展示を中止する場合もございます
アユ2.JPG

ページトップへ

新展示「二ホンスッポン」

  水族館1階で「ニホンスッポン」の常設展示を開始しました。
普段は障害物の下や砂の中に隠れて頭だけを出している事が多いですが、水槽内を歩き回っている姿も見かけます。水槽を叩いて驚かすと隠れてしまうので、静かに見てあげてください。
場所:水族館1階
※魚の状態により展示を中止する場合もございます
ニホンスッポン.JPG

ページトップへ

「富士の介」がやってきた!

 キングサーモンとニジマスを掛け合わせた山梨県の新たなブランド魚「富士の介(ふじのすけ)」を展示しています。
場所:水族館1階企画コーナー
※魚の状態により展示を中止する場合もございます
冨士の介2.JPG

ページトップへ